スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
「さまざまな人生の岐路に立った時、人の言葉ではなく、いつか見た風景に励まされることがきっとある」
2006/02/10(Fri)
●昨日でセッションが終わりました。テストもなく、コメントと出席点だけの授業だけど、内容が面白かったです。社会学の理論について理念型やフランス実証主義について、ウェーバーさんやウォーラーステインさんについてなどなど。とりあえず、古典を読もうと思いました。プロ倫も自殺論も野生の思考ももう一度読み直そう。冬休みの目標は深い探究心!

「さまざまな人生の岐路に立った時、人の言葉ではなく、いつか見た風景に励まされることがきっとある」
(『オーロラの彼方へ』/星野道夫)


最近は星野道夫にはまっています。環境とかなんやらに興味があるなら読むことをオススメします。10年前に白熊に襲われて亡くなるまで、19年間アラスカに住みながら写真と美しい言葉で自然を表現しており、その作品も世界中で高い評価を受けています。。言葉と写真が素適ですよ。文庫本でも出ています。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々日記 | CM(2) | ▲ top
<<おいしいバイキング | メイン | 「今、目の前で泣いている人間を救えない人間がね、明日世界を救えるわけないんですよ」>>
コメント
-  -
わぁ!更新されてる!
最近何もなかったから、ナオキはどこか、旅にでもでたのかと思っておりました。
この言葉、分かる気がする。
いつでも思い出すのは、言葉でなくて、風景(景色)だもん。
2006/02/10 15:44  | URL | risa #-[ 編集]
-  -
別府にいるよ~w
2006/02/12 15:06  | URL | たむたむ #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。