スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
環境問題についてちょと熱く語る
2005/10/15(Sat)
最近は学問と真摯に向き合ってるかなと思います。

プロフィールでも書いてあるけど、僕は環境に興味があるんですよね。でも、環境といってもかなり範囲が広いんです。ただでさえ、社会学部(APUはアジア太平洋学部)で、なんでも研究対象にできるってのに。。ですが、今は環境経済学っていうのを勉強しています。まぁそんな学問だった本を読んでるわけじゃなくて、質問形式のお題(地球温暖化の経済的特徴は何か?とか、環境問題と人口爆発のどのような関係?etc..)に環境経済学の教授が応えるといった形の本です。この本で効果的な要因は、問題のメカニズムが勉強できる事です。実はそういった事に特化した本って少ないんじゃないかな?(よくは知りませんが・。)と思います。
環境問題は様々な要因が関連しています。そのためには一つの学問を基礎にしつつも、偏った考え方では何も生まれてこない。本当に解決を行うためには、様々な視点からのアプローチが必要になることが必要です。学問で言えば、社会学、経済学、法学、政治学、心理学、政策学、農学、工学、生物学などなどがあります。
環境問題は解決することは難しいでしょう。ですが、そもそも環境問題は解決できないよ!なんて思うのではなく、本当にそうなのか疑問を持つ事が必要だと思います。これはこの事に限らず、仮定だとしても、180度違う事を考える事(常識を疑うetc..)は、自分なりのオリジナルな主張や考え方をだすためには必要なプロセスだと思います。

まだまだ勉強は足りませんが、専門の学問分野を習得しつつも、環境に対して様々な視点を持ちたいです。そして、有効な環境政策を打ち出していきたいと思います
スポンサーサイト
この記事のURL | 日々日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<AP BANK fes’05 | メイン | セイセイセイ…!>>
コメント
-  -
自分が飲めない飲み会から帰ってきました。
こういった書き込みはどうかと思うんだけど
ナオキ君は俺とはなしているとき、哲学や道徳、あと自分自身に基づいて一応形になった環境論を語るやん。
だからこういった場でもどうこう思うとか、どうしていくじゃなくて今環境に対してどう思っているか。未完成でもいいから聞きたいと思うわけです。
ダメだしのようですが、そういうつもりじゃなくて、君に期待する多くの友人の一人としての友好的な好奇心です。

特に僕のようなばかには今なおきくんが環境に対して具体的にどう考えてるのかよく分からないので、ぜひ知りたいと思います。


たまにはこういった意地悪なコメントもいいかと思って書きましたv-8
2005/10/15 07:00  | URL | kenji #-[ 編集]
-  -
いえいえ、ありがとう!!
今日明日は忙しいから書けない(書くと長い)けど、そういった感じのことは前のBLOGの【エコ】のカテゴリーに書いてあるよ。よかったらそこを見てみてな~。
2005/10/15 07:10  | URL | ナオキ #TNMEEIK6[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tamunao.blog21.fc2.com/tb.php/38-fff73479

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。